うつ病の症状を事前にチェックしよう|寛解までの道のり

レディ

早期発見は治療への早道

ドクター

病気のサインを見逃さない

うつ病は早期発見をすれば、治療が容易な病気です。早期発見するためにも、うつ病の症状を理解することが必要です。誰でも、気分が沈むことや無気力になること、頭痛や食欲不振などになることはありますが、体調が良ければすぐに心が晴れて健康的な生活に戻ることができます。しかし、2週間以上経っても回復せずに、日常生活に支障をきたす場合はうつ病を疑う必要があります。うつ病とは、抑うつ状態と意欲の低下がこころに現れる症状になります。朝に目覚めた後、気分が落ち込むことが多く、午前中は果てしなく気分が沈むが、夕方になると気分が良くなることがあります。加えて、今まで楽しかったことが楽しめなくなり、些細な決断ができない、そして身だしなみやおしゃれに感心が持てないなどの症状が見られます。体に現れる症状は多岐に渡り、寝つきが悪くなったり、目覚ましより早く目が覚めたり、夜中にたびたび目が覚めるなどの睡眠障害や、好きな食べ物だけど食べる気が起きなくなるなどの食欲の減退が見られます。また、体が鉛のように重く感じたり、重労働をしているわけでもないのにとてつもなく疲労感や倦怠感に襲われたりするなどの症状があります。口が渇く、動悸がする、息苦しいなど自律神経失調症と同じような症状もあります。自律神経に関連する症状は人によりけりなので、他の病気の可能性もありますがこれらの状況が2週間以上続き、日常生活に支障をきたすことになれば必ず医療期間で診察を受けてください。うつ病と間違われやすい病気もあって、認知症やパーキンソン病、糖尿病や肝臓病、甲状腺機能低下症などがそれらの病気に含まれます。自己診断をして、適切な医療行為を受けさせることができず、症状が悪化することもあるので、うつ病の症状を理解はすべきですが自己診断はせず必ず専門の医療機関に相談をしてください。専門の医療機関では、精神科や心療内科で診断を下す前に必ず一般の病気があるかないかの検査を行います。一般の病気がないことを確定させた上で、うつ病の診察をします。診察の時に統合失調症や認知症、不安障害などではないか慎重に確認をし、その上でうつ病の診断をし、患者と家族と治療計画を立てることになります。診察をする時にはそれまでの症状を記録をし、医者に言葉で説明することに負担を感じるのであればその記録を提出することにより、診察の助けになるでしょう。