うつ病の症状を事前にチェックしよう|寛解までの道のり

レディ

気分の落ち込み

ウーマン

体にも起こる不調

うつ病は心に不調が出る病気として知られていますが、初期の頃は病気であるかどうかを判断するのが難しいものもあります。うつ病になるとどのような症状が出るのかも知っておきたいですが、心の不調はわかりやすいものがあります。よく起こる症状としては、抑うつ気分、さらに意欲の低下があげられます。特に朝はうつの症状が出やすいとされています。気分が落ち込みやる気が出ない、悲しい気持ちで憂鬱になる、希望を持てないなどの心の不調が長引くようであれば、うつ病を疑ってみましょう。このほかには思考の低下が起こることもあり、集中力がなくなったり仕事の効率が悪くなったり、注意力が散漫になるという場合もあります。さらに、不安な気持ちが起こり好きなことに興味が持てなくなる、身だしなみに気を使わなくなる、友人や家族とも話したくなくなるなどの症状が出ることもあります。また、うつ病は心だけではなく、身体にも不調をもたらすことがあります。うつが原因で身体に不調が起きているときは、まずは内科などで受診することも多く、うつ病になっていることに気づいていないということも少なくありません。うつ病が原因で起こる身体の症状としては、睡眠障害や食欲の低下、頭痛や胃痛が挙げられます。身体や心の不調は誰にも起こるものですが、軽度のものであれば、自然に回復することも多くなっています。うつ病の場合は、こうした不調が2週間以上など長期に及びますので、いつまでも改善されない不調がある場合は放置せず早めに医療機関に相談することがおすすめです。うつ病の診察は精神科や心療内科などで行われていますので、まずは安心して受診できる医療機関を見つけておきましょう。治療は初期であれば入院の必要もなく、通院で行えることも多くなっています。治療は薬の服用が中心となりますが、抗うつ剤にも色々な種類があり、それぞれの症状や体質に合うものが選ばれます。抗うつ剤は、服用すればすぐに効果が現れるというものではありません。服用し続けることでゆっくりと効果が現れるものなので、医師の指示に従って根気よく服用し続けましょう。抗うつ剤を服用し始めると、吐き気などの副作用が現れることもありますが、大抵体が薬に慣れてしまえばすぐに収まります。あまりにも体調不良が続くようであれば薬が合わない可能性があるので、医師に相談しましょう。抗うつ剤は、服用すればすぐに効果が現れるというものではありません。服用し続けることでゆっくりと効果が現れるものなので、医師の指示に従って根気よく服用し続けましょう。うつ病にかかっていると特に、物の見方が否定的になり医師の言葉を信じられなくなります。そのため、家族に協力を仰いで、薬を飲み続けることができるような環境を整えることが大切です。