うつ病の症状を事前にチェックしよう|寛解までの道のり

レディ

内服薬による治療を行う

相談

女性に多い傾向があります

うつ病は男女問わず、誰でも罹る可能性がありますが、女性は結婚を経験すると住所が変わるなどの環境の変化で、特にストレスを感じやすくなります。男性に比べると女性ホルモンの影響を受けやすく、ホルモンバランスが崩れると、ストレスに弱くなる傾向があります。男性に比べると女性のほうがうつ病に罹りやすく、心療内科や精神、神経科を受診している人が多いです。うつ病の代表的な症状には、以前は興味のあった趣味や活動に関心を持てなくなり、無気力になりやすい傾向があります。不眠などの睡眠障害が見られる人が多いため、昼間は体のだるさや眠気などで仕事や家事、育児がうまくこなせなくなるケースもあります。うつ病に罹ると、胃腸の不調が原因で好きな物が食べられなくなったり、食欲が低下して体重が減少したりすることもあります。気分の落ち込みが長く続き集中力や気力が減退したり、涙もろくなるなどの症状がみられたら、早めに精神神経科や心療内科を受診する必要があります。口コミで評価の高いクリニックや病院では経験豊富な医師が在籍をしており、丁寧なカウンセリングを受けられます。必要がある場合は抗うつ剤や睡眠導入剤を処方してくれるので、しばらくは続けることが大事です。薬を服用すると辛い症状が改善していきますが、医師の許可なく中断をすると再発がしやすいので注意をして下さい。更年期に入るとお子様が独立をしたり、配偶者が昇進したり、両親の介護が必要になるなど、生活が大きく変化する場合もあります。40代を過ぎると女性ホルモンの分泌量が低下してしまい、更年期障害が見られる場合があります。女性は更年期などの節目の年代に精神的ストレスや肉体疲労を感じることが多く、精神的に不安定になり、うつ病を発症する人も少なくありません。更年期の体調が優れない時期は家族に協力をしてもらい、買い物や家事などを手伝ってもらうことも大事です。内服薬だけでは充分な効果が実感できない時は、一時的に入院をしたり、認知行動療法などを受けたりするのもお勧めです。現代は認知行動療法の治療が受けられる病院が増えているので生活の質を向上させ、間違った考え方を改善したい人にお勧めです。うつ病は良くなったり悪くなったりを繰り返す病気なので、症状が改善するまで根気よく治療を受ける必要があります。