うつ病の症状を事前にチェックしよう|寛解までの道のり

心の回復に専念

睡眠障害も見られます

男性

抑うつ感や疲れやすさ

うつ病は進学や就職、結婚などを経験して生活が大きく変化すると精神的なストレスや疲労が溜まりやすくなり、発症しやすくなります。男女を問わず罹る可能性のある病気ですが、どんな症状が出るか知っておきたい人が増えています。うつ病に罹ると、以前は興味を持っていたことに関心を持てなくなったり、意欲や気力が減退して仕事や家事に集中できなかったりなどの症状が見られます。他にも、体を動かしていないのに非常に疲れやすいといった症状も現れることがあります。気分が優れない状態が2週間以上続いたら、早めに心療内科や精神神経科を受診する必要があります。うつ病に罹ると睡眠障害が見られることが多く、寝つきが悪くなったり、早朝に覚醒しやすくなったりします。胃腸の調子が優れず、食欲が低下して体重が2、3キロ程度減少する場合もあります。うつ病は放置をしておくと、症状が悪化する可能性があるので早めに診察をしてもらい、抗うつ剤や睡眠導入剤を処方してもらう必要があります。うつ病は几帳面で責任感の強い性格の人が罹りやすい傾向があるため、日頃から過度なストレスを溜めないことが大事です。女性は結婚や妊娠、出産、育児などを経験する人が多く、ホルモンバランスの乱れや疲労からうつ病に罹りやすい傾向があります。うつ病が悪化すると日常の着替えなどの簡単なこと、料理や掃除がうまくこなせなくなる人も多いです。辛い症状で悩んでいる人は、一時的に入院をして治療を受けることも大事です。現代は優れた医薬品が開発されており、必ずしも入院が必要ではなくなってきています。そのため、通院による治療を受けている人が増えているのです。うつ病と診断されたら、しばらくは処方された薬を根気よく続ける必要があります。内服薬を服用すると、抑うつ感や気力の減退などが改善してきて、生活の質が向上しやすくなります。症状が改善されてきても再発する可能性があるので、医師の許可なく中断をするのは避けて下さい。現代は認知行動療法が受けられる病院やクリニックも増えているので、内服薬だけではなかなか改善しない人は治療を受けてみると良いでしょう。若い年代の人から働き盛りの30代以降の人も多い病気ですが、仕事を続けるのが難しい場合は、一時的に休職をすることも大事です。適切な治療を受けることで、辛い症状を緩和できます。

気分の落ち込み

ウーマン

うつ病は心の病気として代表的な存在ですが、その症状も実に様々です。体の不調を感じたら内科にかかることが多いですが、それでも回復しなければ心療内科や精神科に相談しましょう。うつ病は抗うつ剤を服用することで徐々に改善されるので、処方された薬を根気強く飲み続けることが大切です。

精神科の医師に相談する

ハート

私たちの周りにはいろんな事が原因で、うつ病を発症する人が多いです。気持ちが前向きになれない等、悲観的なことばかりを考えてしまう症状です。精神科の病院に行くのは恥ずかしいことではありません。積極的に医師に相談して完治させることが大切です。

内服薬による治療を行う

相談

うつ病は女性ホルモンの影響を受けやすいため、女性のほうが発症する可能性が高い傾向にあります。うつ病に罹ると、以前は関心を持っていた趣味が楽しめなくなり、気力の減退、睡眠障害などの症状が現れます。抗うつ剤での治療が一般的ですが、症状によっては入院することもできます。

早期発見は治療への早道

ドクター

うつ病は早期発見すれば治療が容易にすすみます。ただ、同じような症状が出る病気があります。症状を理解することは治療を早く終わらせる可能性を高めるが、安易な自己診断をして適切な医療を受けさせることが出来なければ、状態が悪化します。

心の病気で現れる症状

悩む人

新型のうつ病には従来のうつ病とは違う特徴がありますが、意欲減退など共通の症状があるので、これらが続く場合は病院を受診した方が良いでしょう。また、この病気の対策としては適度な運動や、アミノ酸などの栄養素が十分に入った食事などをお勧めします。